ウェザー&ライフハック

ウェザー&ライフハック Vol.33 12月7日は大雪・山眠る

12月7日は、二十四節気のひとつ、「大雪(たいせつ)」です。

徐々に日差しが弱まり、寒さが深まって 熊などの動物が冬眠に入る頃とされています。

 

 

また、色鮮やかな紅葉シーズンも終わって、 標高の高い山では、まとまった雪が降るようになります。

 

 

 

こうした寒々しい冬山の様子を表した季語に、

「山眠る」があります。

 

 

山が、気温の低下とともに活動を低下させ、次にくる春を静かに待つ、という意味。

私たち人間が、次の日を元気に迎えるために、睡眠が必要なのと似ていますね。

 

 

 

 

ほかにも、季節ごとに、山の様子をあらわした言葉があり……

 

 

春は、花々が咲き誇り笑っているようなので、「山笑う」。

 

夏は、山が青々として、汗をかいているようなので、「山滴り(したたり)」。

 

秋は、赤や黄色の紅葉でお化粧をしているようなので、「山粧う(やまよそおう)」。

 

 

どれも、本当に上手に四季折々の山の表情を例えています。

 

 

師走はなにかと忙しいですが、自然の移り変わりを感じるゆとり持ちたいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でプロフェリエをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
香山智里(プロフェリエ登録プロフェッショナル)

香山智里(プロフェリエ登録プロフェッショナル)

ウェザーニューズ お天気キャスター/ Bayfm78 CMナレーター

関連記事

  1. ウェザー&ライフハック Vol.21 出汁かき氷
  2. ウェザー&ライフハック Vol.37 インフルエンザ予…
  3. ウェザー&ライフハック Vol.31 首のストレッチで…
  4. ウェザー&ライフハック Vol.30 秋色(しゅうしょ…
  5. ウェザー&ライフハック Vol.27 日照不足がわたし…
  6. ウェザー&ライフハック Vol.39 ピンク呼吸法
  7. ウェザー&ライフハック vol.2 『春の重ね着は十二単を参考に…
  8. ウェザー&ライフハック Vol.35 世界のクリスマス…

Facebook

おすすめ記事

PAGE TOP