ウェザー&ライフハック

ウェザー&ライフハック Vol.44 平成の天気予報の歴史

新しい元号が『令和』に決まりましたね🕊🌿✨

 

今月で「平成」が終わるということで、

『平成の天気予報の歴史』を少し振り返ってみたいと思います。

 

 

まず、平成より前の「昭和の時代」は、

天気予報は「気象庁予報」が当たり前で、

どのラジオ局・テレビ局・新聞を見ても、予報は同じでした

 

 

それが大きく変化したのが「平成の時代」

平成5年に「気象業務方」が大幅に改正、

いわゆる「天気予報の自由化」です。

 

ここから天気予報は大きく様変わりしていきます。

 

気象庁以外の民間の気象会社が、一般向けに「独自の予報」を発表出来るようになり、

内容も、気象庁がそれまで行っていた「都道府県単位」の「一日ごとの予報」よりこまかく、

「都市単位」の「時間ごとの予報」をお伝えするようになりました。

 

 

また、次の年の平成6年からは、「気象予報士制度」も開始され、

誰でも試験を受けられるようになりました

 

現在はというと、技術はさらに進歩して、ある民間の気象会社を例にみると、

最小で1キロ四方、時間は5分単位まで天気予報できるようになりました!

 

 

その一方で、気象庁もどの民間の気象会社も、

予報精度そのものや、局地的な豪雨の予測など、

課題のある分野も多く残っています。

 

平成の次の時代は、天気予報がどのように進化していくのかにも注目です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でプロフェリエをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
香山智里(プロフェリエ登録プロフェッショナル)

香山智里(プロフェリエ登録プロフェッショナル)

ウェザーニューズ お天気キャスター/ Bayfm78 CMナレーター

関連記事

  1. ウェザー&ライフハック Vol.42 お花見と日本人🌸…
  2. ウェザー&ライフハック Vol.34いちごの知られざる…
  3. ウェザー&ライフハック Vol.36 乾燥肌と花粉症の…
  4. ウェザー&ライフハック Vol.3 『告白日和♪』
  5. ウェザー&ライフハック Vol.39 ピンク呼吸法
  6. ウェザー&ライフハック Vol.13 五月晴れ
  7. ウェザー&ライフハック Vol.20 7月16日は『虹…
  8. ウェザー&ライフハック Vol.43 ワシントンの桜🌸…

Facebook

おすすめ記事

PAGE TOP