ウェザー&ライフハック

ウェザー&ライフハック Vol.45 春の時間帯を表す季語

─春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは─

 

一度は耳にしたことがあると思いますが、

平安時代の随筆「枕草子」の冒頭部分です。

 

 

「春はあけぼの」

これは、「春の日の出直前の、まだ暗い夜が明けようとする頃」を表現する言葉で、

「春暁(しゅんぎょう)」とも言います。

 

 

このように、1日の中の時間帯を表す季語は 一年中いろいろとありますが、

春だけにしかない時間を表す季語がたくさんあるんです。

 

 

 

 

先ほどの「春暁(しゅんぎょう)」のあと、夜がほのぼのと明けはじめ、

次第に物が見分けられるようになる時を、「春曙(しゅんしょ)」。

 

 

 

両方とも夜明けころの時間帯を表しますが、

時間的にわずかな違いがあります。

 

 

 

続いて、お昼になって、春の昼のことを「春昼(しゅんちゅう)」。

この「昼」を季語にしているのは春だけです。

 

 

 

そのご時間が過ぎて、なかなか暮れきらない、

のんびりとした春の夕暮れを、「春夕(しゅんせき)」。

 

 

 

それから少し時間が進み、

夜になって間もない頃のことを、「春宵(しゅんしょう)」。

 

 

 

その後、おぼろにかすんだ「春の夜」が訪れます。

 

 

 

これは あくまでわたしの感想ですが、ほかの季節と比べて、

春にたくさんの時間帯の季語があるのは、それだけ昔の方にとって、

寒くて暗い冬を超えたあとの春の訪れが嬉しかったのかなぁ、と思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でプロフェリエをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
香山智里(プロフェリエ登録プロフェッショナル)

香山智里(プロフェリエ登録プロフェッショナル)

ウェザーニューズ お天気キャスター/ Bayfm78 CMナレーター
香山智里(プロフェリエ登録プロフェッショナル)

最新記事 by 香山智里(プロフェリエ登録プロフェッショナル) (全て見る)

関連記事

  1. ウェザー&ライフハック Vol.44 平成の天気予報の…
  2. ウェザー&ライフハック Vol.11 アイスクリームの…
  3. ウェザー&ライフハック Vol.20 7月16日は『虹…
  4. ウェザー&ライフハック Vol.8 春の雨のいろいろな…
  5. ウェザー&ライフハック Vol.41 ドライヤーお灸
  6. ウェザー&ライフハック Vol.18 熱中症対策・免疫…
  7. ウェザー&ライフハック Vol.39 ピンク呼吸法
  8. ウェザー&ライフハック Vol.14 6月1日は気象記…

Facebook

おすすめ記事

PAGE TOP