インフォメーション

ウェザーライフハックVol.93 秋の雲の簡単な見分け方☁️☁️☁️

秋は、空の高い所にいろいろな形の雲が浮かび、空の展覧会が楽しみな季節。

みなさんは、秋の雲というと何を思い浮かべますか?☁️☁️☁️☁️☁️

代表的な雲のひとつ、魚の鱗のように見える「うろこ雲」。

「いわし雲」や「サバ雲」も同じ仲間ですが、
正式には「巻積雲(けんせきうん)」と呼ばれています。

空の高い所に発生し、太陽が透けるくらい薄いのが特徴です。

一方、モコモコひつじの毛のように見える「ひつじ雲」は、
高積雲(こうせきうん)」と呼ばれる雲。 

うろこ雲より発生する場所が低く、雲に厚みがあるため、太陽と重なると陰ができるのが特徴です。

 このように、雲の発生する高さや雲の大きさで見分けることができるのですが、
もっと簡単に見分けるポイントをご紹介します!

使うのは、

空に手を伸ばして、小指、または、人差し指を立てます。 

雲のひとつの塊が小指に隠れた場合は、小指に隠れるくらい雲が小さいということで、
上空の高い所にできる「うろこ雲」の可能性が高くなります。

 一方、雲の塊が、小指、そして、人差し指からもはみ出してしまうようであれば、
雲が大きめということで、「ひつじ雲」の可能性が高いということになります。

雲の発生する高さが違うということは、 地上にいる私たちからの距離も異なってくるので、
このように指を使って『みかけ』で判断することができるんですね。

ぜひ今度、試してみてくださいね♪

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でプロフェリエをフォローしよう!

香山智里(プロフェリエ登録プロフェッショナル)

香山智里(プロフェリエ登録プロフェッショナル)

投稿者の記事一覧

ウェザーニューズ お天気キャスター/
Bayfm78 CMナレーター

関連記事

  1. 《法人向け》《個人向け》パーソナルスタイリングサービス
  2. ウェザー&ライフハック Vol.74 梅干しの種の活用…
  3. 【父の日 2021】当日でも間に合う父の日ギフト!お父さんをアッ…
  4. ウェザーライフハックVol.87  桜が開花するまでの5ステ…
  5. ウェザー&ライフハック Vol.8 春の雨のいろいろな…
  6. ウェザー&ライフハック Vol.60 ラーメン屋さん現…
  7. 2人に1人がかかる!?身近な病気「がん」のリアルと備え
  8. ウェザー&ライフハック Vol.14 6月1日は気象記…

Facebook

おすすめ記事

PAGE TOP