インフォメーション

ウェザーライフハックVol.101 等圧線の七五三の法則 

2月16日は「天気図記念日」です。
明治16年の2月16日に、日本初となる天気図が作成されたことが由来となっています。

そんな天気図ですが、たくさんの線が引かれていますよね。
この天気図に引かれている線は、同じ気圧の地点を結んでおり、「等圧線」といいます。
等圧線が混みあっている(間隔がせまい)ところほど、風が強いことを表しています。

この等圧線ですが、北海道付近に
 3本かかると、まずまず風が強い「注意報クラスの強風
 5本かかると、「警報級の暴風
 7本かかると、数年に一度の「猛烈に強い風」になる
と言われています。

ということで、等圧線の本数に比例して、風が強まり、危険度も増すことになるんです。

2月は、暦の上では春を迎えますが、発達した低気圧がやってきて雨風が強まり荒れた天気になったり、雪の降る日もあります。
今度天気図を見たら、等圧線の数で風が強まりそうか、チェックしてみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でプロフェリエをフォローしよう!

香山智里(プロフェリエ登録プロフェッショナル)

香山智里(プロフェリエ登録プロフェッショナル)

投稿者の記事一覧

ウェザーニューズ お天気キャスター/
Bayfm78 CMナレーター

関連記事

  1. ウェザー&ライフハック Vol.11 アイスクリームの…
  2. ウェザーライフハックVol.107 お月見、月の模様と距離🌕🐇🎑…
  3. ウェザーライフハックVol.103 「一時雨」と「時々雨」ってど…
  4. ウェザー&ライフハック Vol.29 秋にセンチメンタ…
  5. ウェザー&ライフハック Vol.65  肉まん?豚まん…
  6. 社会人におすすめの習い事まとめ【東京】
  7. もっと自由に働き方を選びたい!女性起業のメリットとデメリット
  8. ウェザーライフハックVol.95 紅葉クイズ🍁✨🍁✨

Facebook

おすすめ記事

PAGE TOP