お知らせ

新規プロフェッショナル参画のお知らせ |ビジネス(広報・副業)

2020.07.14

◆伊藤 緑(いとう みどり)◆ 広報コンサル/フリーランスライター/女性コミュニティプロデューサー/専門学校講師/作詞家
~「自分で決めない自分らしさ」を探すありのままに甘えない生き方/生きているうちでこの瞬間が一番若い~

==============
愛知県一宮市という田舎に生まれ育ち、17歳で作詞家になることを決めました。夢で終わらせる方が多いなか、音楽業界と何の縁のないまま営業し28歳で上京30歳で作詞家デビューを叶えました。その後、作詞家をしながらITベンチャーで働き、広報黎明期に広報に出合いました。地方短大卒という学歴しかありませんが、仕事は学歴でするものではなく経験を形にしていくもの。作詞というクリエイティブな仕事と広報というビジネス的なことを合わせて行うことで、自分だけのポジションを得ています。また、ライティングを学んだことで発信することを恐れない自分を語る力を身に付けることができました。自分らしさは自分で決めてしまうと小さな箱に入ってしまいます。ありのままを許すと成長がありません。無理なく地に足のついた生き方と幸せ。他人と比べる必要のない、自信を持てる考え方を身に付けてほしいです。これからは、いくつ武器を持てるか? 会社に頼らずとも自分の足で立つことで、未来は無限です。
==============

<実績>
1986~1995年
・人事業務

1986年~1997年
・作詞家になるための学び営業

1996年
・作家事務所に所属

1997年
・作詞家デビュー 現在に続く  23年

1995~1997年
・ファストフードでのアルバイト(広報を意識せず広報的なことをしていました)

1996~2000年
・派遣社員として数社で勤務

2001~2004年
・ITベンチャー(Kラボラトリー:現在Klab株式会社)での勤務

2004年~
尚美ミュージックカレッジ専門学校 ミュージックビジネス学科にて講師 現在に続く 16年

2005~2007年
・宣伝会議社の広報専門誌『PRIR』(現:広報会議)にてライター

2006年~
・広報女性の横の繋がり「広報ウーマンネット」設立 現在に続く 15年目

2008年~
・業務委託にて広報業務を請け負う(十数社) 現在に続く

2012~2015年
・箏奏者のマネジメント

2014~2018年
・音楽制作会社での楽曲制作とアイドルマネジメント、イベント制作

2019年
・個人を対象にした広報マネジメント 結果としてBSテレ東8分などの出演や女性誌見開き掲載などにつなげる

2020年~
女性コミュニティプロデューサー
2006年に立ちあげた広報ウーマンネットののち、複数の女性コミュニティを立ち上げたことを元に、自分が行わないことでのコミュニティ立ち上げをビジネスとして開始。立ち上げ・運営のコンサルも行う。

◆伊藤 緑プロの提供マンツーマン・プログラム:
●広報・PRを身に付けて、自分発信をする。自分に自信をつけて、新たな仕事を手にする。<全1回>

●広報・PRを身に付けて、自分発信をする。自分に自信をつけて、新たな仕事を手にする。<全2回>

●これからを生き抜く、自分にあった未来に繋がる副業スタートアップセッション<全2回>