菊池 教泰(きくち のりやす)

お子様のお悩みレスキュー/こころの教育家

  • 職業

メンタルコーチ

  • 得意分野

お子様に関するお悩み相談(勉強、スポーツ、不登校、不良など) /親として、お子様にどのように接したらよいかわからず、お悩みのご両親対象です。 考え方、接し方等について、実際に教育現場に赴いている菊池教泰が、ご両親、場合によってはお子様に対して、継続的にアプローチさせて頂きます。

このプログラムを友達に教える

PUSH

1時間のセッションをご両親(父母どちらかでも可)に実施

  • 経歴・資格
  • 【登壇実績】
    ●2012年4月~現在
    ●保護者向けセミナー
    ・テーマ「子どもが耳を傾ける 話し方」等
    スポーツひのまるキッズ柔道親子夏合宿、(株)チャレンジワールド 親子参加企画イベント、北柔会道場、マニュライフ生命保険(株)、三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券(株)

    ●教師向けセミナー
    ・テーマ「社会に求められる人間像」等
    千葉県教育委員会(平成26~29年度 フォローアップ研修1<2年目の高校教師対象>、平成26年度 県立学校等企画・運営リーダー育成研修<小・中・高校のリーダーとなる教師対象>)

    ●青少年向けセミナー
    ・夢先生(日本サッカー協会主催)
    京都府八幡市立八幡小学校、宮城県山元町立山下第二小学校、宮城県気仙沼市立津谷小学校、高知県本山町立本山小学校、岩手県岩泉町立小本小学校、神奈川県大和市立下福田中学校、茨城県鉾田市立旭東小学校、茨城県神栖市立横瀬小学校、茨城県鹿嶋市立豊津小学校

    ・PX2(ピーエックスツー)(米国発の青少年・アスリート向けプログラム)普及活動
    平成26、28年 参議院議員会館イベント司会、平成27年 衆議院議員会館イベント司会、
    オープン開催ファシリテーター登板15回以上
    クローズド開催ファシリテーター登板10回以上
    小児・アレルギークリニック in GODO(岐阜県神戸町)、寺子屋ten(東京都稲城市)、桜井高校野球部(富山県)、横浜商業高校 スポーツマネジメント科(神奈川県)、群馬県議会議員 勉強会

    ・中学校 武道必修化に伴う「柔道体育授業」の外部講師
    千葉県野田市立第一中学校、千葉県野田市立東部中学校、千葉県野田市立木間ケ瀬中学校、千葉県柏市立第四中学校、千葉県柏市立第五中学校、千葉県柏市立豊四季中学校、千葉県柏市立手賀中学校、千葉県柏市立南部中学校、千葉県柏市立光ヶ丘中学校

    【書籍実績】
    ●「超一流アスリートのマインドを身につけて あなたのゴールを達成する!(開拓社)」 2015年12月発売
    ※書籍概要
     「Tarzan」(マガジンハウス)の好評連載「Mind Science」(2014年9月11日発売号~2014年11月27日発売号)に大幅加筆!
    柔道の地方大会1回戦敗退で一念発起。独学でメンタルトレーニングを学び実践し、全日本学生柔道大会で日本一になった著者は、心の力の重要性を痛感。
    その後、故ルー・タイスの認知科学に基づくコーチングを正式に学び活躍の幅を各方面に広げた。
    コーチングとはどんなものか。
    どのように実践されるのか。
    超一流アスリートのパフォーマンスに潜むメカニズムとは。
    そして、それがどのように我々のゴール達成に役立つものなのか。
    身を以て実践してきた著者だからこそ書ける!あなたのゴールの達成法。

    【資格】
    ●Performance Enhancement Coaching by Dr.Tomabechi & Louis E. Tice™

    パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング by Dr Tomabechi & Louis E. TiceTM は、北京オリンピックで8個の金メダルを獲得したマイケル・フェルプスを指導するなど多数の成功者を輩出し、全世界で40年間のコーチングの実績を誇る米国自己啓発界最高権威かつコーチングの大家、ルー・タイスの理論・方法・スキルに加え脳機能学者・苫米地英人による最先端脳科学のコーチング理論を統合した世界基準のコーチング技術・スキルを直接学ぶプログラムです。

    本プログラムでは、あなたがプロの“パフォーマンス・エンハンスメント・コーチ”となり、周りの人やクライアントに直接コーチしていくために、ルー・タイス、苫米地英人による講義、各月の課題、勉強会、実習、さらには受講生、卒業生とのネットワークを深めながら6ヶ月間の期間において 最高峰のコーチングスキルを学びます。

  • 専門スキル
  • メンタルコーチ 5年以上
    スポーツ選手(学生時代、柔道にて団体日本一を経験) 10年以上

  • パーソナリティ
  • 幼い頃より始めた柔道において、中学時代は全国大会どころか、地方大会1回戦負けだったところ、メンタルトレーニングを独学で学び、心の力を養うことで、大学時代には大学柔道界の最高峰、全日本学生柔道優勝大会にて日本一を経験。その決勝では、勝てば日本一決定という場面にて一本勝ちし、古豪中央大学を悲願であった24年ぶりの全国制覇へと導いた。
    大学卒業後は、柔道で五輪金メダリストを輩出している名門、JRA(日本中央競馬会)に就職し、柔道と仕事の両立を図るも挫折。
    JRA時代に配属された人事の仕事の楽しさから、人事を極めようと思い、そのためにはまず給与計算ができなければならないと考え、書籍や通信教育を通じ、独学で社会保険や税金の仕組みを勉強。
    他社の給与計算を行うアウトソーサーに就職し、柔道とは関係ない人生をスタートした。
    その後、総務・人事労務の職種で上場企業を含む数社に転職。
    しかし、人事の仕事は楽しいが、大学時代の柔道の輝きに負けてしまっている感じがする・・・
    自分の人生、果たしてこのままでよいのかと模索していたところ、米国自己啓発界の世界的権威である、故ルー・タイス氏のメソッドに出会う。
    大学時代、心の力の重要性を痛感した自らの体験もあり、科学的知見からの「こころの教育」が、今後の日本において重要な役割を果たすことを確信した。
    老若男女問わず、「こころの教育」を広めたいとの想いから、その対象は広く、経営者・管理職・一般社員といった企業対象の教育、現役教師の教育、保護者の教育、スポーツ選手・指導者の教育、青少年の教育、就労困難者への教育を行っている。
    そういった、あらゆる方々の教育を行ってきた自らの経験より生まれた、「こころの幸せ」を軸とした企業向けの人材育成ソリューションを展開中。
    また、アメリカ発の学生・アスリート向け次世代教育プログラム「PX2(ピーエックスツー)」を教育現場に普及させるべく、一般財団法人BWFインターナショナルのPX2国際普及推進部長として、ボランティアにて普及活動を行っている。
    その他、2012年4月より実施の中学校武道必修化に伴い、教育委員会の要請から、千葉県の中学校において、外部講師という立場で体育としての柔道授業を行う先生の顔も持っている。
    最近では、日本サッカー協会の事業である「JFAこころのプロジェクト」にて、アスリートが全国の小中学校で夢を持つ大切さを説く「夢先生」を務める等、「こころの教育家」としてさらに活動の幅を広げている。

    参照:オンリーストーリー取材
    https://onlystory.co.jp/stories/804

ピックアップ・プロフェッショナル

ご購入いただくには
プロフェリエのご登録が必要です。

すでにプロフェリエ会員の方はこちら